患者さんのためになれた喜んでもらえた日々やりがいを実感できる仕事です。

株式会社Johnny's Factory 勤務
歯科技工士

佐藤 萌 さん

2017年卒業(Ⅰ部)

  • Q1

    歯科技工士を目指したきっかけは何ですか?
    高校時代はネイリストに憧れていましたが、将来性など心配する母親の意見もあり、別の道を探すことに。
    その時、歯科技工がネイルと同じ材料を使っていることを聞き、一度見学してみようとオープンキャンパスへ。もともと細かい作業が好きだったこともあり、歯科技工士を目指し新大阪歯科技工士専門学校へ入学したのがきっかけです。
  • Q2

    現在の就職先では具体的にどんなお仕事をされてますか?
    コンピューターで歯をつくるCAD/CAMのオペレーターとして、歯の模型のスキャニングやデジタル上での歯の設計などを担当しています。最初は緊張の連続でしたが、先輩方の優しい指導のおかげで作業にも慣れ、オペレーションから加工、出荷準備まで一通りの流れをこなせるようになりました。

  • Q3

    一番やりがいを感じるのはどんな時ですか?
    やはり患者さんに喜んでもらえるものをつくっているというところ。
    歯科医院で、自分のつくった歯を入れるところを、見学させてもらったことがあるのですが、ドクターが「ばっちりだったよ」と言ってくださり、患者さんも喜んでくださいました。話には聞いていましたが、実際にその場に遭遇すると本当にやりがいを感じました。
  • Q4

    今後の目標を教えてください。
    働き始めて、歯科技工士は人のためになる仕事だということ、またこの先どんどん進化していく仕事だということを、実感しています。とてもやりがいのある面白い仕事なので、将来、結婚して子供ができても、仕事と家庭を両立しながらずっと続けて行きたいですね。
    今の職場には、お母さんとして家庭を持ちつつ働いている先輩もいるので、その点も心強いです。仕事にも職場にも恵まれ、歯科技工士という仕事がますます好きになっています。